ホーム>CIALIS(しありす)の特徴

CIALIS(しありす)の特徴

CIALIS(しありす)

イーライリリー社から販売されるCIALIS(しありす)は、国内では最も新しいED治療薬です。欧米では日本に先駆けて販売され(2003年からエリアごとに順次販売。日本では2007年に販売開始)、現在ではVIAGRA(ばいあぐら)を追い抜きシェアの半分ほどをCIALIS(しありす)が占めています。その理由はCIALIS(しありす)が持つ特徴と、マイルドな使い心地にあります。

ここ日本でも愛用者が増加しており、そ大変好評のようです。まだCIALIS(しありす)を知らない方のために、こちらのページ効果(特徴)、そして副作用、服用方法、購入方法などについてお伝えしていきます。

CIALIS(しありす)の効果

睨みつける男性

CIALIS(しありす)の有効成分はタダラフィルと言い、ブロック状の構造をしているため分解されにくいという性質があります。そのため効果が現れるのに少し時間がかかりますが、ゆっくりと吸収されていくので非常にマイルドな効果が与えられるのです。VIAGRA(ばいあぐら)やLEVITRA(れびとら)のように強い勃起促進作用が苦手な方にはすごくおすすめです。反対にそういった強い効果を好まれる方にとっては効き目を感じにくいかもしれません。

長時間効果が持続します

CIALIS(しありす)には他のED治療薬には無い特徴がいくつかあるのですが、その内の1つが長時間効果が持続するというものです。VIAGRA(ばいあぐら)の場合は約4~5時間で、LEVITRA(れびとら)の場合は8~10時間。それらと比べCIALIS(しありす)は倍以上効果が長持ちします。20mgを服用した場合最長で36時間の持続効果が得られます。これは1日経過しても余裕で続くということです。これが海外のユーザーに大変受けている理由で、休日の最中パートナーと共に長い時間楽しめることから来ています。

副作用が少なく、使いやすい

2つめは副作用の発現が少ないという点です。3種類のED治療薬の中で最も副作用が出にくいでしょう。その理由が前述した分解されにくい成分によるもの。ゆっくりと体の中に吸収されるため、急激な変化が現れることが無く徐々に作用してきます。そのおかげで長時間の効果持続、そして副作用も出にくくなるのです。

食事の影響を受けづらく使いやすい

3つめの特徴は食事の影響を受けづらい点。これもLEVITRA(れびとら)より顕著に現れます。メーカー発表によれば800kcal相当の食事を取った後でも問題はないそうで、それは成人男性の一食分に相当します。つまり普通に食事を取った後でも服用が問題なくでき、しかも効果が長続きするのです。ただし脂肪分が多い料理を食べたり、満腹になるまで食べるとその効果は薄まってしまいます。

CIALIS(しありす)の副作用

頭痛がする男性

副作用が出にくいとはいえ、医薬品ですので絶対に発現しないとは言い切れません。その際はED治療薬に共通する顔のほてりや目の充血、鼻づまり、頭痛が起きてしまいます。しかしその強さも他のED治療薬に比べると弱いものといえ、本当に起きたのかどうか分からない事もあるようです。

しかし併用禁忌薬と服用した場合は話が別です。血圧の低下を招いたり、狭心の症状が起きてしまうことがあります。こちらも他のED治療薬と共通しており、ニトログリセリン系の硝酸剤や抗不整脈薬のアミオダロン製剤などが該当します。これらを使わなければならない症状を持つ方はED治療薬の服用が禁じられていますので十分注意をなさって下さい。

CIALIS(しありす)の服用方法

CIALIS(しありす)の服用方法は1日1回1錠です。どの用量でもそれは同じですので、追加でもう1錠服用すると言ったことは推奨されません。多量に服用することで思わぬ事故を招いてしまう恐れもあります。用法用量はきちんと守りましょう。飲み物は水かぬるま湯で服用するのが望ましく、行為を始めるであろう1~2時間前に服用を行います。CIALIS(しありす)は効果の発現が遅く、個人差によってバラつきがあるからです。

1時間で発現するという方もいれば、3時間かかってしまう方もおり、こればかりは自身で使ってみて判断をしなければなりません。また空腹状態であるか、食後に服用をした場合かによっても多少変わるでしょう。いかに食事の影響を受けにくいとはいえ、CIALIS(しありす)もやはり空腹状態で服用したほうが効果の出が早くなります。

服用する際に気を付けてほしいのが、グレープフルーツと一緒に使わない事です。副作用が強くなってしまい、せっかくのメリットである点が損なわれてしまいます。その理由はグレープフルーツの成分であるフラノクマリン酸によりタダラフィルの代謝が阻害されてしまい、体内に長く留まってしまうからです。果実のまま、ジュース、いずれの形状でも起きてしまいますので気を付けましょう。

CIALIS(しありす)の購入方法

携帯電話

CIALIS(しありす)の購入方法についてです。医薬品ですので医療機関へ行き、診断を受けてから処方せんをもらわなければなりません。よってドラッグストア等には販売されておらず、必ず医師から処方せんをもらわなければ入手が出来ないのです。しかし忙しい方や、EDの診察は恥ずかしいと思われている方は医療機関へ行くのが煩わしいと思われるでしょう。そういったときには個人輸入を代行してくれる海外医薬品の通販をおすすめします。

煩わしい手続きがない通販はおすすめ

個人輸入とは自身で使用する場合に限り、海外から医薬品を購入できる制度です。その際は処方せんがいらず、規定量さえ守れば1~2週間で手元に届きます。ですがその際にいくつか手続きをしなければなりません。慣れていない方にとっては少々難しく面倒であるため、なかなか実行できないと思います。

そういった方々のために通販の利用は非常には役立ちます。必要な手続きは全てサイトを運営している会社が行い、ユーザーは欲しい商品を注文するだけで完了できるのです。支払もカードか銀行振込で出来ますので、普段使っているショッピングサイトのような感覚で行えるため、人気の購入方法になっています。

通販はCIALIS(しありす)の価格が安い

また海外のCIALIS(しありす)の価格は国内で処方される金額と比べると安くなっています。1錠あたりの相場が2000~2500円前後と言われていますが、通販で購入する場合1200~1500円前後とかなり割安で購入できる事が分かります。さらにいえば、ジェネリック医薬品も通販であれば購入が出来ます。1錠あたりの価格で1箱4錠入りの商品が買えるとあって、ジェネリック医薬品も劣らぬ人気を誇っています。

多くのラインナップがあるジェネリック医薬品なのですが、当サイトでおすすめしたいのがTADACIP(ただしっぷ)という商品です。高品質・低価格というユーザーにとってはとてもお得な商品といえ、かなりの人気を誇っているようです。こちらも世界のジェネリック情勢をリードするインドの製薬会社が販売しています。