ホーム>LEVITRA(れびとら)の特徴

LEVITRA(れびとら)の特徴

LEVITRA(れびとら)

LEVITRA(れびとら)はドイツの製薬会社であるバイエル薬品から販売されています。アスピリンで一躍有名になった企業です。その他にも数々の医薬品を販売しており、業界では大手といえるでしょう。国内で2番目に登場したED治療薬で、効果時間や食事に影響されやすいというVIAGRA(ばいあぐら)のデメリットを改良し、さらに使いやすくなったという触れ込みで注目を集め人気を博しています。

その謳い文句通り、勃起促進作用・効果時間・食事の影響・副作用が抑えられているといった、バランスの取れているED治療薬といえ、とても使いやすいという話です。医療機関では初めてED治療薬を使う方におすすめされているというLEVITRA(れびとら)について、色々とお伝えしていこうと思います。

LEVITRA(れびとら)の効果

閃いた男性

LEVITRA(れびとら)もVIAGRA(ばいあぐら)と同様、血管を拡張し、血流を活発化させることでペニスの海綿体へスムーズに血液を行き渡らせ勃起を促すED治療薬です。有効成分のバルデナフィルは血管の拡張と、勃起を鎮めてしまう酵素の働きを抑えるという作用を持っています。2つの作用がEDを改善させ、今まで不完全であった勃起を正常にすることが出来るのです。

EDの原因の一つには血流の悪さが指摘されています。生活習慣病などで血管になんらかの疾患が起きてしまうと、血液は健康な状態と比べると流れが悪くなってしまいます。いわゆるドロドロ血液というものになってしまうからです。

血流が悪いとペニスにも流れづらくなる

当然そのような状態であればペニスへも血液が流れていきにくくなりますので、勃起の際に必要な血液も必要量に達せず、よく言う半勃ち状態やセックスの際に萎えてしまい不完全な勃起となるのです。また精神的に疲れていると勃起のメカニズムが乱れてしまいます。

勃起のメカニズムがEDを引き起こす

目を隠す男性

勃起をするためには性的興奮が必要です。それが神経を通じ勃起中枢へと流れ、ペニスが勃起に至るのですが、精神的なんらかの支障がある場合、その伝達に異常が生じてしまいます。伝達の際には血管を拡張させる一酸化窒素などが同時に発生するのですが、それにより分泌も少なくなってしまいます。そうなれば勃起へ至る血液の流れも悪くなってしまい、EDの症状となり現れてしまうのです。

もう1つの作用である酵素の働きを抑える、と言うものですが5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素は健康であれば、勃起状態を鎮めてくれる非常に大切なものです。しかしEDの場合、PDE-5の量が多くなってしまいせっかく勃起をしたのにも関わらずその状態を鎮めてしまうために、セックスの前や最中でも萎えてきてしまうのです。これもまた勃起のメカニズムが乱れてしまうことにより起きてしまいます。

LEVITRA(れびとら)は即効性が高く、勃起促進作用も強い

ですがLEVITRA(れびとら)を服用すれば上記の要因を改善することができ、健康なときと同じように勃起をすることが出来るようになります。それが冒頭でもお話した2つの作用によるものです。ちなみに余談ではありますが、LEVITRA(れびとら)の勃起促進作用も強力でVIAGRA(ばいあぐら)と引けを取らないと言われています。自身がED治療薬を使用していると実感できるほどなので安心感も出て来るでしょう。

そして他のED治療薬にはない特徴として、即効性の高さが挙げられます。バルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っています。そのため効果が出てくるのが非常に早く、VIAGRA(ばいあぐら)であれば1時間かかっていたものが約20~30分ほどで効果を感じることが出来るのです。セックスの直前に服用していたとしても問題はありません。しかも個人によっては15分ほどで現れることもあるそうです。

LEVITRA(れびとら)の副作用

副作用は顔のほてり、目の充血、鼻づまり、頭痛などです。これらはED治療薬に共通する症状でどの商品を服用しても起きてしまう可能性があります。こればかりは体質なども関係してきますので何が一番適しているかはその方にしか分かりません。ただ、LEVITRA(れびとら)はVIAGRA(ばいあぐら)に比べると副作用の発現は少なくなっていると言えます。なのでそこまで神経質に考えなくてもよさそうです。

もう1つ注意があり、併用禁忌薬とともに服用することは禁じられています。急激に血圧が低下することで意識を失ってしまったり、狭心が起きてしまいます。死亡するケースもありますので必ず守って下さい。対象はニトログリセリン系の硝酸剤、抗不整脈薬のアミオダロン製剤などです。

LEVITRA(れびとら)の服用方法

薬を飲もうとする男性

服用方法は1日1回1錠です。LEVITRA(れびとら)は5mg、10mg、20mg錠の3種あるのですがどの成分量を服用してもこの用法を守らなければなりません。飲み物は水かぬるま湯で服用しましょう。お茶やジュースなどで服用するのはあまり好ましくなく、中でも柑橘系のものは控えて下さい。とりわけグレープフルーツジュースとは相性が悪いので注意しましょう。

フラノクマリン酸という成分が、代謝を邪魔をしてしまうため、体から抜けるのが遅くなってしまいます。すると普段あまり現れなかった副作用が発現してしまうという結果になってしまうのです。ジュースはもちろんですが、生のまま食べることも控えましょう。

LEVITRA(れびとら)の購入方法

携帯から購入

最後はLEVITRA(れびとら)の購入方法についてです。LEVITRA(れびとら)は処方せん薬にあたるため、医療機関で処方せんをもらうことで初めて手にすることが出来ます。ですが海外で販売されているLEVITRA(れびとら)であれば処方せんは必要ありません。個人輸入で購入することが出来ます。ただし少々手続きが煩わしいため慣れてい方にとっては難しい購入方法です。

医療機関と比べると価格の安い通販

しかし今ではインターネットで簡単に購入することが出来ます。海外医薬品を販売する通販を利用することで可能になります。個人輸入に当たるのですが、手続きは運営者が行ってくれるため、ユーザーはLEVITRA(れびとら)を注文して代金を支払えば手に入れる事が出来ます。ショッピングサイトの商品が医薬品になったと置き換えれば非常にイメージしやすいでしょう。ED治療薬もその一環ですぐに見つけ出すことが出来ます。

国内のLEVITRA(れびとら)は1錠あたり2000~2500円前後なのですが、通販サイトで購入する場合は割安で購入でき、1000~1500円前後で購入が出来ます。さらに海外のジェネリック医薬品も購入できるため、LEVITRA(れびとら)のジェネリック医薬品も購入できたりします。比較すればさらに安価であるため、ジェネリック医薬品もかなり人気が高いということです。中でもVALIF(ばりふ)という商品がおすすめです。