ホーム>TADACIP(ただしっぷ)の特徴

TADACIP(ただしっぷ)の特徴

TADACIP(ただしっぷ)

TADACIP(ただしっぷ)はCIALIS(しありす)と同じ有効成分が使われているジェネリック医薬品です。同一の成分・成分量であるため、効果もCIALIS(しありす)を服用した際に感じるものであり、長時間効果が持続する・副作用が少なく使いやすい・食事の影響を受けづらいためどんなタイミングでも服用が可能というメリットを変わらずに得ることが出来ます。

またジェネリック医薬品の特性でもある安価に購入できるという点も見逃せません。販売しているのはインドのジェネリック医薬品製造で有名なシプラ社という製薬会社です。様々な国に支社を持ち、貧困国にも格安でジェネリック医薬品を提供している企業で、高い評価を受けています。

TADACIP(ただしっぷ)の効果

注目する男性

TADACIP(ただしっぷ)を使って得られる効果はマイルドな作用によって「自然な勃起」が出来るようになることです。自然な勃起というと少し分かりづらいかもしれませんが、要するにEDの症状が現れる前にごくごく自然に出来ていた勃起状態の事を指します。VIAGRA(ばいあぐら)のように力強い勃起が起きるというわけではないので、違和感を感じる事がないと思います。そういった事を踏まえ、他のED治療薬のような、いかにもな効果が苦手である場合TADACIP(ただしっぷ)の使用をおすすめします。

CIALIS(しありす)のメリットがそのまま

先にも少し触れましたが、CIALIS(しありす)には多くのメリットがあります。まずは長時間効果が続くこと。これにより効果が終わる時間を気にする必要が無くなるため、焦る気持ちが少なくなります。そういったプレッシャーもEDに影響します。またその時間を利用して旅行を楽しむ方もおり、旅先でも変わらず効果は続きますので、雰囲気を味わいながら行為に及べるのです。

副作用の面もそうです。顔のほてりが起きることで、熱っぽさを帯びてしまうのがED治療薬の難点でありました。しかCIALIS(しありす)はその副作用の発現が極めて少なく、仮に発現してもあまり感じられないという感想が多いのです。もう1つのメリットである食事の影響を受けにくいという点も、LEVITRA(れびとら)と比較をするとさらに受けにくいため食事もその影響を気にせず行えます。

どのタイミングでも服用が可能なので、余計な事を考えずに食後のムードを壊さないことだって出来るのです。もちろん他のED治療薬と同じく空腹状態で服用しても構いません。使い方はその人次第で、かなり自由度の高いED治療薬といえることでしょう。こういったメリットはジェネリック医薬品であるTADACIP(ただしっぷ)でも得られることができ、変わりなく楽しむことが出来るのです。

TADACIP(ただしっぷ)の副作用

頭痛に悩まされる男性

TADACIP(ただしっぷ)の副作用は顔のほてり・目の充血・頭痛・鼻づまりなどです。しかし先述の通り副作用の発現が少ないのがメリットになります。そして発症したとしても強く感じにくく、気付きにくいという事も多いようです。再三お伝えしていますが、ED治療薬特有の作用が苦手な方にとってTADACIP(ただしっぷ)は間違いなく合うでしょう。

しかし気を付けてもらいたいのが併用禁忌薬を使用する事です。どのED治療薬にも共通しており、TADACIP(ただしっぷ)も例外ではありません。血管を拡張する作用を持っていますので、同様の効果を持つニトログリセリン系の硝酸剤や抗不整脈薬であるアミオダロン製剤を使われている方は服用しないよう気を付けて下さい。深刻な事態を招く可能性が高いためです。

TADACIP(ただしっぷ)の服用方法

服用方法は水・ぬるま湯で行います。1日1回1錠ですのでそれを超える量を服用してはなりません。また飲料にも注意です。お茶、ジュースで行うのはあまり望ましくなく、中でもグレープフルーツジュースとは相性が悪いので控えるようにしましょう。その理由はグレープフルーツの成分であるフラノクマリン酸という成分が理由です。

この成分はタダラフィルの代謝、すなわち体外へ排出する作用を阻害してしまうため、体内に長く留まってしまう原因になります。いかに副作用が発現しにくいといえど、体内へ長く留まってしまえば害を及ぼす危険性が高くなります。果実のまま食べることでも起きてしまうので、基本的にはグレープフルーツを始めとした柑橘類と一緒に取ることは好ましくありません。

TADACIP(ただしっぷ)の購入方法

携帯を操作

TADACIP(ただしっぷ)の購入方法です。海外医薬品であるため、国内では認可されておりません。そのため医療機関では処方され無い医薬品となります。ではどうすれば購入が出来るのか?それは個人輸入あるいは個人輸入を代行してくれる業者の運営する通販サイトを利用すれば可能となります。特に代行業者が運営する通販サイトは簡単に購入が出来るため非常におすすめです。

個人輸入は少しハードルが高め

自身で個人輸入を行う際、手続きが必要で実にわずらわしいのですが、通販サイトはその手続を運営会社が行ってくれるためユーザーは注文をするだけで購入が出来るのです。料金の支払はカード決済かもしくは銀行振込で行なえますので、お好みの方法で決済して下さい。

TADACIP(ただしっぷ)の価格は驚くほど安い

しかもジェネリック医薬品という立ち位置であるTADACIP(ただしっぷ)は、国内で処方されるCIALIS(しありす)1錠分の価格で、1箱を購入することが出来るのです。1箱の内容量は4錠になり、1錠あたりの価格で換算すれば半額以下で購入できるということになります。かなりのコストカットが図ることができ、これまで価格の高さで断念していた方でも容易に使えることが出来るのです。

EDに悩み苦しんでいた方は通販使ってみることが解決の一歩になるはずです。まずはジェネリック医薬品であるTADACIP(ただしっぷ)を購入してその効果を確かめてみましょう。入門という言い方はおかしいですが、ED治療薬を試してみるには適していると思います。そこで気に入れば継続して使用してもいいですし、CIALIS(しありす)へ移行してみるのも良いのではないでしょうか?